<< Low level laser therapy(LLLT、低レベルレーザー)育毛 臨床方法へのマイナス意見(論文) | main | CONSORTは単なる努力目標ではありません >>

スポンサーサイト

  • 2018.03.05 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


日本皮膚科学会の脱毛症診療ガイドライン2017に対する評価

JUGEMテーマ:健康

 

 

匿名さんからコメントでいただきましたが、日本皮膚科学会の脱毛症診療ガイドライン2017で、レーザー育毛(低出力レーザー)が推奨度Bに選ばれたということです。

 

 

 

https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

 

 

 

 

脱毛症診療ガイドライン作成委員会のメンバーには、

 

眞鍋 求、坪井良治、板見 智、長田真一、天羽康之、伊藤泰介、乾 重樹、植木理恵、大山 学、倉田荘太郎、 幸野 健、 齊藤典充、佐藤明男、 下村 裕、中村元信、 成澤 寛、 山㟢正視という方々で構成されているようで、坪井氏、板見氏、大山氏、佐藤氏というお名前はご存知の方もいるのではないでしょうか?

 

 

 

さて、レーザー育毛(以下、低出力レーザー)がBランクに選ばれたということで、効果が認められたという評価をしても良いかも知れませんが、個人的な評価を書きたいと思います。

 

 

 

まず、評価した根拠となる論文については、前回書いたように、CONSORTに則っていない論文である可能性があります。

 

 

低出力レーザーに対する論文は数が少ないので、今回の評価は4つの論文に対して行われたということですので、前回記事にした低出力レーザーの論文に対する懸念を記した論文も、4つの論文に対して行われたものですので、ほぼ一致していると見て良いかと思います。

 

 

 

とにかく、低出力レーザーの効果についての論文は、フィナステリドやミノキシジルに対する論文と比較しても少なすぎるため、評価、というには早いのかなあと思います。

 

 

というのも、ある製品対する評価は、大規模かつ長期間に渡って行うものであるというのが通常の考えだと思うからです。

 

論文は26週間ということですので、短すぎると考えます。

 

 

管理人は、どうしても低出力レーザーの効果を認めたくないのでは?という方もいるかも知れません。

 

 

確かに、個人的な意見は、それほど効果が高いとは考えておりません。

しかし、それは何度か書いていますが、フィナステリドもミノキシジルも万人に効くものではありませんから、そういう意味で、低出力レーザーも万人に効果があるものではないのが実際だと考えています

 

 

 

今回のガイドラインを、何のバイアスもかけずに見ても、推奨レベルは、服用フィナステリド、デュタステリド、外用ミノキシジルがAランクであり、低出力レーザーはそれ以下ということになります。

 

 

それに、同じBランクには、アデノシンがあり、低出力レーザーはアデノシンと同レベルということになります。

 

 

アデノシンがどれほどの効果があるのかは、薄毛対策歴の長い方ならご存知かと思います。

 

 

どう捉えるかは個人個人が考えるべきですが、俺だけではなく薄毛仲間たちのこれまでをみても、ガイドラインどおり、低出力レーザーよりも、フィナステリドやミノキシジル(ただし高濃度)の方が、効果が出ています。

 

 

 

低出力レーザーに効果がないとは言いません。アフィリエイト戦略で拡販しているような育毛剤よりはマシかも知れませんし、人によっては、フィナステリドやミノキシジルよりも効果が出るかも知れません。

 

 

ただ、フィナステリドやミノキシジル(ただし高濃度)を超えるモノかというと、どうしても、そのようには思えません。

 

 

 

これについては、いずれ本当の意味の評価が出るでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.03.05 Monday
  • -
  • 23:37
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
ハンさんこんにちは

わたしもレーザーには懐疑的です
以前購入し、暫く使い続けたものの
全く効果は無いばかりか今まで経験した
ことのない頭痛に悩まされて即座に
中断した記憶があります

あとヘアフィラーが1クール終了し
結果ですが10%ぐらい増毛したような
感じになりました
やや不満と言った結果ですが
とりあえず寝込んだ毛根を叩き起こせた
効果はあったと思います

  • 禿です
  • 2018/02/19 8:06 PM
誠に勝手ながらハンさんが記事にされていた、LLLTの二重盲検試験がCONSORTに則っていない可能性があると記されている論文について横井さんの見解をお聞きしてきました。
やはり自分も使用している為、すごく気になってので 笑
少しでも参考になられたらと思ったのでいつもの様に添付させてもらいます!

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12186448127



  • 匿名
  • 2018/02/20 8:45 PM
匿名さん へ

知恵袋拝見しました。

正直、何をおっしゃりたいのか分かりません(汗)

CONSORTがあたかも努力目標的な扱いのようなことを書いていますが、そんなことはないですよ。

実際の運用でも、多くの論文がCONSORTに則っていることを明記していますし、フィナステリドやミノキシジルでもCONSORTに則った論文は存在します。


書ききれないので、また記事にします。
  • ハン
  • 2018/02/22 7:18 AM
そうなんですか? 
自分はCONSORTについては全くの無知なもので知恵袋の回答もあーそうなんだとつい鵜呑みにしていました 汗
プロペシアやミノキシジルの論文がCONSORTに則っているものが存在するならば横井さんが言っていることは間違いになりますね!
お時間がある時にそれらについて言及したもののアップをお待ちしています!
できましたら確かな根拠となるものの添付もよろしくおねがいします。
また横井さんに追及してみます!
脱毛症診療ガイドライン作成委員会のメンバーはCONSORTに則っているか則っていないかは加味しないで評価を下しているのですかね?


  • 匿名
  • 2018/02/22 2:27 PM
匿名さん へ

横井氏は付け焼き刃的にCONSORT2010声明を読み、そのうちの一部を切り取って、努力目標的な解釈をしていると推察します。

しかし、例えば、世界五大医学雑誌のJAMAでは既に論文はCONSORTに則っていることが条件になっています。

http://aihara.la.coocan.jp/?p=89


少し時間をかけて調べれば分かることですよ!


脱毛症診療ガイドラインの件については、最新のブログ記事どおりです。

確証がない以上、可能性という言葉を使っていますが、低出力レーザーのRCTの論文は少なく、懸念を示した論文では5つしかないとしています。

脱毛症診療ガイドラインでの評価では4つの論文としているので、可能性が高いと言わざるを得ません。

ガイドラインで確か評価のもとになる論文の出展が書いてあったかと思うので、調べてみるといいかも知れません。
  • ハン
  • 2018/02/22 8:58 PM
禿です さんへ

レーザー使ったことあるんですか?

FDAのサイトにも実は1件だけですが、低出力レーザーでこんな症状が出たという報告がされています。

ヘアフィラーの報告ありがとうございます。

まだ1クールですね?
これから効果が出るのかも知れませんし、禿ですさんに効果が出ることを祈っております!

  • ハン
  • 2018/02/22 9:03 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
sponsored links
ワケあってブログランキング参加中です。クリックにご協力下さい!!
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM